専門家に任せてスムーズに問題解決│悩み解決プロフェッショナル

商業登記をする

会社設立の登記について

笑顔の女性

会社設立をしたいと考えている場合には商業登記を行わなければならないことをご存知でしょうか。会社設立の登記とは、法務局に会社設立の申請を行うことをいいます。これは司法書士に頼むことが一般的です。司法書士に頼むには費用がかかりますが、時間の節約と言う意味でメリットがあります。また、司法書士は商業登記の専門家なのでスムーズな手続きをとることができます。しかしながら最近では、インターネットなどの情報を参考にして自分でも商業登記を行うことができるようになっています。インターネットが発達した現在では、このように会社設立の方法は選ぶことができます。適切な方法を選択し、スムーズな手続きをするようにしましょう。

商業登記の費用について

司法書士に依頼する場合には費用がかかりますが、自分で会社設立の登記を行う場合にはあまり費用はかかりません。今回は、費用について考えてみましょう。まず、自分で商業登記を行う場合です。この場合はインターネットを参考にするだけですから、実費だけなくかります。実費とは、商業登記に必要な印紙代等です。その費用を負担するだけでよいのです。しかしながら司法書士に依頼する場合には、実費の他に司法書士報酬が必要となります。生主はすぎる万円程度を考えておくと良いでしょう。この仕様の違いがあります。しかしながら、司法書士に依頼をすることによって手間を省くことができます。コストと手間のバランスをよく考え、会社設立の登記方法を選んで下さい。