専門家に任せてスムーズに問題解決│悩み解決プロフェッショナル

専門のプロに依頼

会社設立登記の費用について

パソコンを覗きこむ人たち

会社設立をする場合には、会社設立登記が必要となります。一般的には司法書士に依頼することが多いのですが、自分でも会社設立の登記を行うことができます。この違いはどこにあるのでしょうか。最も大きいところは、コストの違いです。司法書士に依頼をする場合には数十万円程度の費用がかかります。その反面、自分で会社設立の登記を行う場合には実費だけで済んでしまうのです。この違いはとても大きいのですが、司法書士に依頼するメリットはたくさんあります。1つ目のメリットは、時間の節約です。少々私に全てを任せることができるので自分はビジネスに邁進することができるのです。設立登記のような付随事務は専門家に任せてしまった方が得策です。

司法書士に依頼するメリット

司法書士に依頼することの2つ目のメリットは、スムーズに手続きが済むと言うことです。自分で会社設立の登記をおこなうとなると、申請書類等にミスがある可能性があります。ミスがあると法務局から申請書類が戻されます。その手続きを何度か繰り返さなければいけないので店なく申請書類を提出することが求められるのです。会社設立の専門家である司法書士に依頼すれば、申請書類に関するミスは少なくなります。ですから、司法書士に依頼上することで申請に関する手続きがかぎりなくスムーズに行われるのです。これが2つ目のメリットです。費用を支払ったとしても、これだけのメリットがあるので会社設立をする場合には司法書士に依頼する方をおすすめします。