専門家に任せてスムーズに問題解決│悩み解決プロフェッショナル

専門のプロに依頼

パソコンを覗きこむ人たち

商業登記を司法書士に依頼するのは一般的となっていますが、費用がかかります。しかし、専門のプロに依頼することによって、事業や起業準備に専念することができるうえ、手続も代行してくれるのでスムーズに設立させることが可能です。

Read More

相続発生時の対応

支払う必要がないお金を支払ってしまい発生するトラブルである過払い金は静岡で事務所を営んでいるこちらに相談するといいでしょう。

社会保険労務士を東京で依頼する時にはこちらの会社がおすすめです。豊富なアイディアであなたをサポートしてくれますよ。

相続放棄をすることによる法律的効果について

ガッツポーズを取る男女

被相続人に相続財産を上回る多額の負債があった場合に相続人が単純承認すると、相続人は多額の負債も引き継がなくてはなりません。従って、相続人がこれらの負債を引き継ぎたくない場合は、相続の開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の手続きをすることになります。しかし、相続放棄をすれば負債はもちろんプラスの財産も引き継ぐことができませんので、被相続人の自宅も手放すことになります。その自宅に抵当権が設定されていれば競売にかけられます。自宅に抵当権が設定されていなくても、相続財産管理人により処分されて債権者への弁済にまわされます。いずれにしても自宅を明け渡さなくてはいけません。従って、相続人が被相続人と同居していた場合などは自宅を手放さない方法を考えることが必要です。

自宅を手放さない方法について

まず、一つ目に考えられる方法が、全員が相続放棄をして、自宅を買い取りたい相続人が相続財産管理人から自宅を買い取る方法です。二つ目の方法は、限定承認をしてプラスの財産の範囲内で負債も引き継ぐ方法です。 一つ目の方法は、相続人に資金があるときに有効です。例えば、生命保険金は相続放棄をしても相続人は受け取ることができるので、それを資金源にすることも可能です。しかし、この方法は相続人全員の同意が必要ですし、そもそも確実に自宅を買い取ることができるわけではありません。 二つ目の方法は、確実に自宅を相続できることにメリットがあります。しかし、この方法は相続放棄をした相続人以外の相続人が共同で限定承認手続きをやらなくてはなりません。また、自宅に含み益がある場合は被相続人のみなし譲渡所得課税が生じます。 このように、いずれの方法もメリットとデメリットがあるので専門家に相談して一番いい方法を探すのがいいでしょう。

B型肝炎は弁護士に相談をしましょう。トラブルの早期解決に向かってしっかりとサポートしてくれるので頼りになります。

起業を目指す

スーツを着た女性とカップル

近年では、定年まで会社で従業員として務めるよりも会社を設立することのメリットを考えて、若い世代から起業を目指す人が増えてきています。会社を設立する時には、様々な手続きや、起業に関する知識が必要となります。

Read More

商業登記をする

笑顔の女性

会社を設立するときには、商業登記を行なう必要がありますが、その手続も専門的な知識が必要となるケースが多いので司法書士などに依頼する人がほとんどです。予算や費用を考慮してから依頼するか決めると良いでしょう。

Read More

おすすめ関連リンク集

  • 土井教子税理士事務所

    名古屋で税理士を雇うときは、有力なFPが受けられる税のプロを選びましょう。好きなタイミングで依頼が行えるので便利なものです。